スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして。

人生初のブログです。どうぞ宜しくお願いします。

まず、何からお話ししたらよいのか、いや、何から謝罪すべきなのか‥

私たち家族のことを知っていてブログを見て下さっている方もいると思いますが、知らない方も見て下さることでしょう。なので、説明をさせていただきます。

私には子供が4人おります。4人を育てている真っ最中ではありますが、夫婦共に犬好き、子供達もみんな犬が大好き、そして何より、私も主人も子供時代に犬と生活し、犬と育った経験から、自分の子供達にも小さいうちから犬とふれあい、学び、そして成長していって欲しいと願っていました。とは言え、これから家族になるであろうワンちゃんの為にも、一番末の子がある程度手のかからなくなったタイミングを待っての話でした。

末の子の性格もあると思いますし、全員女の子だからかも知れませんが、最近は自分自身の判断で、そろそろもう大丈夫って思っていました。人様から見たら4人も育てるだけでも大変なのにって思われるかもしれません。でも、私自身も4人兄弟とワンと育ってきたので自然なことでした。

犬を買うことは考えておらず、できれば、何らかの事情を抱えたワンちゃんを幸せにしたいと(私が子供時代飼っていた雑種のたろうもスーパーの屋上のペットショップで無料コーナーで飼い主を探していた仔犬でした)。そんな中、ある一匹のワンちゃんと出会いました。犬の里親募集の掲示板のホームページでみたテスラです。見て即決したわけではありません。何度もパソコンを開き自問自答、何日かするとテスラが夢に出てきました。テスラは夢の中で笑っていました。そこからは早かったです。主人と何度か話し合い、テスラを是非家族にと、仮ママさんに連絡をさせて頂き、お見合い、晴れてトライアル開始となったのです。

テスラを迎えて、明るい我が家が更に明るくなったのを覚えています。家族はテスラの行動に一喜一憂し、1日2時間のお散歩も本当に楽しくて充実したものでした。みんなテスラが大好きになり、テスラは家族になりました。今まで辛かった分、絶対に幸せにしようね。と話していました。

そんな時です。あってはならない事が起きました。

トライアル5日目の夕方でした。長女と次女は仲良しのお友達の家にお泊りで留守、私は用事があり三女と末娘と出かけていて、自宅にいるパパにお迎えの電話をしようとした時です。逆にパパの方から私の携帯に電話がかかってきたのです。息の荒い声で「大変だ!洗濯物を取り込んで入ろうとした時テスラが玄関から飛び出して!」私は慌ててタクシーで帰ったことは覚えていますが、その後友達の協力のもと、真っ暗闇の中夫婦それぞれ必死に探し続け、気付いた時は夜中の二時。どこにもいないテスラ、家に帰ってくる気配もなく途方に暮れて力尽き、家の前に座ってしまいました。
 
そして翌朝、テスラの仮ママであるP&Bママさん、先預かりママのまりりんさんがチラシを持って駆け付けて下さり、夏の炎天下の中、テスラの行きそうな場所を探し、チラシ貼りをし、聞き込みを手伝って下さいました。しかし、朝も昼も夜も、テスラの居場所はわからず、無事も確認できず、そのまま時間だけが過ぎていきました。
次の日の朝、私の友人のお子様からの目撃情報により、ある地域を歩いていたことを確認できました。すぐに、その場所へ向かいましたが、残念ながら見つからず、その後P&Bママさん、まりりんさんはじめ埼玉方面からはるばる(我が家は神奈川です)ボランティアの方達がお集まり下さり、その日も暑い中、テスラの無事を祈り、皆様で捜索、チラシ貼りをしていただきました。が、目撃情報だけは沢山あるものの、必死の捜索もむなしく、見つけれずに一日が終わりました。

テスラがいなくなり、三日目の朝、目撃情報をもとに、地域を絞って捜索。この日もまた引き続き埼玉方面からたくさんのボランティアの方達がテスラの無事を案じて集まって下さりました。皆が必死に探す中、チラシを見た新しい目撃情報が次々と入り、皆ですぐ行動し、ついにテスラを発見、保護する事ができました。
運命なのか偶然なのかは解りませんが、私が車で探し走っていた時、前からテスラが歩いてきてくれました。テスラを探してる時に、私も主人も何度もテスラの幻覚、錯覚を見ていたので夢かとも思いましたが、それは正真正銘テスラでした。

人に逃げてしまうテスラなので、息を潜めそーっと隠れながら近づき、側にいった所で首輪を掴みました。
最初はびっくりした様子で威嚇してこちらを振り向きましたが、私の顔を見た途端、知っている人だと安心したのか疲れが出たのか、その場で伏せて、すぐに差し出したリンゴをムシャムシャと食べてくれました。その後駆け付けた娘が水を差し出し、喉も乾いてお腹も空いていたのでしょう。夢中で飲んでいました。私は、テスラが無事だった事に安堵し、涙と震えはしばらく止まりませんでした。 

事故などにあった様子はなく、テスラにとっても私達にとっても、それだけで本当に不幸中の幸いでした。


その後は、先預かりのまりりんさんのお家に連れて行って頂き、先住犬もいらっしゃる中、夜中まで、ノミやマダニのケアをして頂いて、次の日動物病院へ連れて行って頂き健康診断をしてもらいました。テスラは肉球を痛めておりました。暑い中、硬いアスファルトの上を歩き続けたのでしょう。三日間もの長い時間、心細かったことでしょう。全てが私達の責任で起こったことです。テスラを傷付けてしまった事、皆様にご心配おかけし、ご迷惑をかけてしまった事。謝って済む、反省して済む事ではありません。それは、重々承知の上で謝らせてください。

あの日、捜索を手伝っていただいた方、本当にありがとうございました。私達家族だけの力では、見つけられなかったと思います。たくさんの力が働いて、見つけることができました。感謝してもしきれません。暑い中必死に探していただき、ご家族にも迷惑をかけてしまったことでしょう。この場を借りてお詫びいたします。
 
テスラの事を、ずっと応援し、見守り続けてきた、愛ある皆様。この度は多大なるご心配をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。事情を知った今もまだ変わらずに心配し、心配どころか怒りの感情を抱き、それをどこにぶつけていいのかもわからず、P&Bママさんのブログに私達への怒りをコメントするしかないという方がいらっしゃるかもしれません。

皆様、本当にテスラの事が大好きでテスラを心から応援して、心配して下さってると思います。

P&Bママさんのブログへの応援、激励、ご批判ご心配コメント全て拝見させていただいています。パパも見ています。子供達には私が読んで聞かせています。勇気を出してご批判してくださった方、私がもし、逆の立場だったら、きっと同じ感情になっていたかもしれません。とにかく心配。テスラが可哀相。そう感じさせてしまっていると思います。

全てを正直に話します。私たちは、テスラを家族として迎えました。
テスラが幸せになる為なら、なんでもしたいって思っていました。好きな食べ物を聞いたり探したり、ドッグランに行く計画を立てたり、楽しい事がいっぱいあればテスラも笑ってくれる。テスラも幸せ!なんて思っていました。でも、命を守る為の、安全対策を怠っていました。テスラが飛び出さないように、柵を作ってからトライアルを迎えるべきでした。一番大切なテスラの命を守る自覚が足りなかったとしか、言えません。我が家の間取りは、玄関ドアの前に、リビングと通じる引き戸がありまして、テスラが来て以来、必ずそこを閉めるようには家族全員に注意していました。子供には特に注意し言い聞かせ、子供達自身も少しの隙間でも「あいてるよー」と、教えてくれていました。主人にももちろん注意を促してはおりましたが、大人なので何度もしつこく言うような事はありませんでした。
でも今回起こった事のきっかけは、たまたま主人でしたが、決して主人だけを責めることはできませんでした。元をたどれば柵さえあれば防げていたであろうことで、遅かれ早かれ、このような事が起こっていたと言っても過言ではないのです。迎え入れる前にやるべき当然の対策だったのです。 後から後悔しても遅いのですが‥。そして、あんなことが起こったからこそ想像できるのですが、決して100パーセントの安全対策などないということです。どんなに高い柵を作っても、いつもきっちり閉まっていなければ意味がないですし、散歩や旅行の時には、絶対に離れさせないよう気を付けなければなりません。偉そうなことは言えませんが、全ては飼い主の責任。身をもって実感しました。

あんな事があった今、テスラに対しても、皆様に対しても、どんなにお詫びしても許されることではないのはわかっています。全ての方に私たちの事をわかって貰おうと思ってブログを起ち上げた訳でありません。それは無理だと思っています。P&Bママさんはじめ、応援して下さっている方、ご心配なさっている方、ご批判頂いた方に対して、何もしないでいる事はできませんでした。信じて応援して下さっていても、私達のした事で本当は不安がいっぱいなのではと思います。せめて、見守って下さる方にテスラのその後の様子をお伝えする事で少しでもその不安を減らせたらと思っています。

そして改めて、テスラの命に責任を持つことをここに誓います。どんなことがあっても死守していきます。必ず幸せにします。

これから先は、このブログを通じてテスラの犬生を、責任をもってお伝えしていきたいと思っております。

なので、今後はどんなご批判も私が受けていく覚悟でおります。

当たり前のことですが、いなくなったけど見つかってよかった‥それで終わりなんて思っていません。実際、テスラが見つかってからは、無我夢中で夫婦でフェンスを造り、やっと出来上がって、冷静になった時こそ、テスラの気持ちを改めて考え想像し、苦しく辛いものでした。P&Bママさんのブログに寄せられた、叱咤激励に毎日涙し、反省し、感謝し、この数日間過ごして参りました。今回の事は、決して忘れず、重く受け止め続けます。 

私達の里親生活はゼロからのスタートではなく、マイナスからスタートです。

でも、反省はしても、暗い気持ちは引きずることなく、テスラとの生活を再スタートします。

きっと、いいことも悪いことも全て、テスラに伝わると思いますから。

気持ちを切り替え、ありのままで、接していけたらなって思います。

どうか、この先もテスラの事を見守り続けて下さい。

お願いします‥

そして、最後に、P&Bママ様。私達家族を見つけ、こんなことになった今も、私達家族を信じ、励まして下さったこと、心より感謝申し上げます。どんな言葉を言っても足りません。テスラとの出逢いは、たくさんの優しさとの出逢いでもありました。テスラとの楽しい生活で恩返しすることを約束します。今後も末永くよろしくお願いいたします。









スポンサーサイト
06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

にこ2ママ

Author:にこ2ママ
熱いパパ、天然ママ
やさしいけど不思議ちゃん長女
頭の回転早くカツオキャラ?次女
ひょうきんで自由人三女
おっとり癒し系四女
動物大好き!ワン大好き!家族のはじめて里親奮闘記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。